法務局における遺言書保管制度の創生

みなさん こんにちは

法務局における遺言書保管制度が令和2年7月10日に施行されます

え~っと 簡単に言い換えますと

サスペンスドラマにおける

お金持ちのお父さんが殺されてしまう

そうです

2時間ドラマの

殺人サスペンスもの

奥さんとか愛人とか長男やら登場人物が

莫大な遺産をめぐって争う殺人事件の犯人捜しのストーリーは

もう書けないのです!

わかりやすいでしょ^^

改めてきちんと説明書きさせていただきますと

自筆における遺言書は自宅保管されることが多く

しかし、サスペンスドラマの題材になるような

紛失や隠ぺい改ざんなどが行えるケースがあり

いわゆる相続問題をめぐる紛争が生じていたわけです

これらの問題点の対策として公的機関が介入し

遺言書を保管する制度が創生されます

法務局で保管する利点は

全国一律一定のサービス、

プライバシーの確保、

不動産の相続登記の促進、

家庭裁判所の検認が不要、

遺言者の閲覧や撤回など可能などがあります

一方的な遺言を作成されないように

相続人たちは被相続人も含め

日頃からきちんとコミュニケーションをとらなくてはなりませんね^^

不動産における相続対策や

相続対象不動産の売却など

相続に関する不動産の事なら株式会社ファンハウスへご相談ください

株式会社ファンハウス 國井義博

 

HOME