プロは持分売りをどう扱ってるの?

こんにちは。

『 落札にコミットする!

不動産競売専門コーチングパートナーの國井義博です 』

一戸建てが150万円とか

めちゃくちゃ安い売却基準価額を目にしますよね

え!ってなりますよね

3点セット(裁判所の物件資料)見ても

どうもよくわからない?

何で安いの?って人が多いです

物件も、一見、普通に見えるし

ボロボロでもない。。。

最近の不動産競売で確認してみましょう

例えばこちら

東京地方裁判所本庁 R03ヌ251
入札期間: 2022/06/09~2022/06/16
東京都葛飾区四つ木四丁目95番地10
売却基準価額: 1,510,000

土地も家屋も共有持分1/3が不動産競売物件の対象です

その他2/3を買い取って持分を100%にすれば

使用するにも収益を取るにも

売却して利益を得るのも

自由にできます

2/3を交渉して買い取れなかった場合が問題ですね

こちらの1/3を相手側2/3の方々に買い取ってもらう。

共有物分割請求をかけてもう一度競売をしお金にして分ける。

分割請求した際の競売を落札する。

選択肢はいろいろあるので問題は少ないのですが

経験と時間が必要になりますね

たいてい1年以上はかかると思って下さい

上手くいけば完全な所有権にして、

リフォームしてリニューアルしたマンションや戸建で再販売可能です

古ければ更地にして土地として売却します

法人も個人の入札は少なく、

落札価格も低くなりますので

利益はかなり期待できますね

こういった案件も実践講座で研究していただける機会があります

しっかり学んでがっちり儲けましょう😊

競売の基本的なことの概要が 「競売物件のべて」(動画)が無料でご覧いただけます

当社のLINE公式アカウントにお友だち登録で 動画無料視聴できます

↓↓↓リンクはこちらから↓↓↓

   https://lin.ee/UiNlZDe

株式会社ファンハウス 代表 國井義博