久々の登場Tokyo品川1棟マンション 東京地裁令和3年ヶ462号

株式会社ファンハウスの

ホームページリニューアル記念 

競売物件をブログで紹介するシリーズ

北は北海道~

南は沖縄まで

私、國井義博が

全国の裁判所の事件物件のなかから

選り優った

物件をクロースアップして

皆様にご紹介したいと思います

基本的に

落札して

収益投資物件として保有する

つまり、高利回り物件

または、

リフォームなどを施して

再販売し

売却益を得られる物件を

不動産競売に携わって35年

で養い培った確かな目利きで

コレいいよね~!・・っと

気になった物件を紹介します

ご期待ください^^

さて、

第16回目は

東京地裁 令和3年ヶ462号

東京都品川区の一棟マンション

この物件の魅力は

なんといっても競売物件で都内しかも品川区で

築浅の1棟ものマンション

競売にされる前に

任売で売れてしまうので希少かもしれませんね

抵当権に遅れる転貸借している賃借権がありますので6か月は低利回りですが

解除後は賃借人と直接契約が可能で

家賃収入も75万円から160万円に大幅に賃料アップが望める物件です

相場は4~5%ですので

仮に5%で一般市場で売り出される価格は3億8400万円推定

7%前後で落札できれば

かなりのお得が得られる物件になるはずです

売却基準価格が2億5564万円

令和2年2月築でピカピカの築浅マンションです

リフォームはまったく必要ない物件だと推測できますね~

気になる方は

さっそく

裁判所の3点セットの資料を

ダウンロードしてご考察ください

内容が読み取れず意味不明の方、

質問疑問に回答を得たい方、

入札したい方、

落札したい方、

ZOOMの無料個別相談を

受けてみませんか

ご希望の方はZOOM希望とお書きください

お問い合わせメールからお願いします

競売不動産の落札をコミットする

株式会社ファンハウス 代表 國井 義博

引き続きよろしくお願いします